b型肝炎は完治しない?

急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんの原因となるb型肝炎。その原因となるウイルスは完全に体内から消えるわけではないので、完治しない病とされています。ただしb型肝炎は正しい処置を行えば症状を抑えることは可能です。

またb型肝炎を予防するためには、感染経路と予防策を正しく把握しておくことが重要です。感染経路を塞ぐことで、感染を避けることができるのです。


b型肝炎とは

ヒトの体内に特定のウイルスが侵入すると、肝臓が炎症を起こすようになります。肝臓に炎症が起きるとその分肝臓に負荷がかかり、ダメージも蓄積されていきます。すると場合によっては肝硬変・肝臓がんにつながる恐れもあるのです。

この肝炎の原因となるウイルスは遺伝子の形によっていくつか種類が分かれ、感染経路や感染力が異なります。b型肝炎ウイルスはそのうちの一つで、主に血液・体液を介して感染します。同様の感染経路を持つ肝炎ウイルスとしてはc型肝炎が挙げられますが、b型肝炎ウイルスはc型肝炎ウイルスに比べると感染力が非常に強いです。

そのため輸血・注射器の共有・出血・性行為・道具の共有などあらゆる場面で感染する恐れがあります。またb型肝炎ウイルスは母子感染のリスクも高いため、生まれながらにしてb型肝炎ウイルスを保有している場合もあります。

合わせて読む:感染力が高いb型肝炎!予防法は?

b型肝炎は完治しない

b型肝炎ウイルスの特徴として挙げられるのが、決して完治しないということです。b型肝炎の症状そのものは、正しい治療を行うことで抑えることはできます。人によっては一度症状が抑えられるともう二度と症状が現れないこともあります。

しかし、症状そのものは現れていなかったとしても、b型肝炎ウイルスそのものは体内に残ったままの状態です。一度b型肝炎ウイルスが体内に侵入してしまうと、完全に除去することはできないため、完治することはないのです。

なおb型肝炎は症状が現れていなくても、ウイルスを保有しているだけで他者に感染するリスクがあるので、注意しましょう。

合わせて読む:b型肝炎に感染する経路や症状、肝炎について

b型急性肝炎とその治療法

b型急性肝炎は輸血・注射器の共有・性行為等、主に後天的にb型肝炎ウイルスに感染した場合に起こります。b型肝炎ウイルスに感染すると、約1か月から半年の潜伏期間の後、全身の倦怠感・食欲不振・吐き気・褐色尿・黄疸といった症状が現れます。

このうち黄疸は白目の部分や皮膚が黄みを帯びた状態のことを指し、肝臓の状態が悪化すると現れやすい症状になります。これらの症状が現れた場合、基本的にはb型肝炎ウイルスが自然に減少し、回復期に入るのを待ちます。

一定期間経過すると、身体がb型肝炎ウイルスに対する抗体を作るからです。この抗体が体内で作られると、b型肝炎ウイルスの活動を抑えることができるので、症状も収まるのです。ただし嘔吐などにより水分・栄養素が不足する場合は、点滴などで不足分を補っていきます。

b型急性肝炎が劇症化した場合の対処法

b型急性肝炎は基本的には、自然に体内で抗体が作られるのを待ちます。しかしb型急性肝炎の中には早急に対処しなければならない場合もあります。それが劇症肝炎を引き起こした場合です。劇症肝炎とは、肝臓の機能が急激に低下、生命活動の維持も難しい状態になってしまうほどの激しい炎症を指します。

この状態になると致死率が大幅に上がるため、できるだけ早急に治療を行う必要があります。まずb型肝炎ウイルスの量を少しでも減らすため、抗ウイルス薬を投与します。さらに血液中に含まれるb型肝炎ウイルスの量を減らすために、血漿交換や血液透析なども行われます。

それでも肝炎の進行が止められない場合には、肝移植が必要になる場合もあります。

b型慢性肝炎の治療法

b型慢性肝炎は、主に出産時・乳幼児期に感染した場合に起こります。乳幼児期はb型肝炎ウイルスに感染していても、症状は現れません。炎症は免疫機能の働きによって起こるからです。実際に症状が現れるようになるのは思春期を過ぎた頃、免疫機能がある程度発達してからです。

免疫機能はある程度発達するとb型肝炎ウイルスを異物とみなすようになります。するとb型肝炎ウイルスだけでなく、肝臓の細胞も攻撃してしまうため、炎症が起こるのです。多くの場合免疫機能が活発な10代から30代の頃に強い肝炎を引き起こします。

その後ウイルスの形が変化、比較的弱いウイルスに変わるため、その後は強い肝炎を発症しなくなります。ただし人によっては慢性的に肝臓が炎症を起こした状態になる人もいます。その場合、肝炎を抑えるために注射薬と内服薬で治療する場合があります。

注射薬の場合、週1回、48週間にわたって注射で薬を投与します。この治療法の場合、38度を越える高熱・全身倦怠感・関節痛・筋肉痛・血球の減少といった副作用が生じます。一方内服薬での治療の場合、服薬を続けている間は炎症を抑えることができます。

しかし服薬を止めてしまうと肝炎を再び発症させてしまいます。特に自己判断で服薬を止めてしまうと急激に悪化、肝不全に至る恐れもあります。またb型肝炎ウイルスの中には薬に対して耐性を持っているものもあるので、注意が必要です。

b型肝炎は感染経路を塞ぐことが大切

b型肝炎はウイルスに対して体内で抗体が作られることで、症状そのものは抑えることができます。しかしたとえ症状は抑えられたとしても、b型肝炎ウイルスは体内に残ったままです。場合によっては慢性肝炎に移行し、肝硬変・肝不全につながることもあります。

b型肝炎は完治することができない病だからこそ、事前に予防することが大切です。そのためにはまず感染経路を断つことが重要です。現在日本国内では輸血による感染は少なくなっていますが、海外では輸血による感染のリスクは高いです。

注射器・鍼等の共有や使いまわしも感染源となるので、避けましょう。またb型肝炎ウイルスは非常に感染力が強く、膣分泌物・唾液・汗といった体液にも多く含まれています。性行為、歯ブラシ等の道具の共有も感染につながります。

性行為時はコンドームをつけるようにするとともに、歯ブラシなどの共有は避けましょう。

合わせて読む:b型肝炎について感染経路など、多くの人が不明に感じていることを紹介します


b型肝炎はワクチンで予防しよう

b型肝炎ウイルスの予防のためには、ワクチンも有効です。母子感染の恐れがある場合は出生後できるだけ早くワクチンを投与します。医療従事者や患者の家族はb型肝炎ウイルスが含まれた血液や体液に触れる可能性が高いので、ワクチン接種が必要となります。

b型肝炎は完治そのものは難しいのですが、ワクチンで予防することができる病なのです。

関連『B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所
http://www.adire-bkan.jp/